recbox リスト取得

| コメント(0) | トラックバック(0)
            string host_url = "http://192.168.1.67:55247";
            string tool_api_url = host_url + "/dms/transfer_tool/api";
            string uri = tool_api_url + "/browse?";

            string queryFormat = @"{0}id={1}&starting_index={2}&requested_count={3}";
            string query = string.Format(queryFormat, uri, target, start, 100);
これで作られるURLにアクセスするとJSONで返ってくる。

フォルダ単位で取得する。
ROOTは、FS-Folder。

他に、本来のアクセスだと、_に時間を入れる。時間は、JavaScriptのDate.getTime。
nameに親フォルダのtitleを入れる?
これらは入れなくてもリストは取れるみたい。

得られるリストで、containerのものがフォルダなので、
順にたどっていくと全リストが取得できる。

requested_count以上のコンテンツがある場合は、starting_indexでオフセットを加えながら順次取得する。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.icefree.org/mt/mt-tb.cgi/14

コメントする

このブログ記事について

このページは、vvpが2011年5月31日 00:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「recboxの操作を簡単に」です。

次のブログ記事は「recbox ムーブ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。