2010年12月アーカイブ

・オフセット

TWAINドライバの場合。

 

 コントロールパネル>ハードウェアとサウンド>デバイスとプリンタ

 で、スキャナのスキャンプロパティ>装置設定>オフセット

 

 A4の紙に適当なテストパターンを書いて確認。

 倍率は、全体の倍率ではなく主副の比率のようです。マイナスにすると副側の後端が延びます。

 

オフセットが正しくないと、取り込み範囲が変わってきたり、アスペクト比が正しくなくなったりします。

工場出荷時に0で正しいようになっている訳ではないようなので、自前で調整する必要があります。

 

 今の設定

 fi-5650C

  ADF(表面) 主 2 副 4(裏面) 主 3 副 5   (*0.5mm)

  倍率調整 -0.6%

  fi-6140

  ADF(表面) 主 -1 副 -2 (裏面) 主 1 副 -2

  倍率 -0.9%

 fi-5110EOX3

  Windows7 64bitドライバ。ScanSnapはオフセット設定が無い。

このアーカイブについて

このページには、2010年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年8月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。