6626Aを実験電源用に

| コメント(0) | トラックバック(0)
安く売ってたHPの電源です。
4系統あって2系統毎に仕様が違うんだけど、
適当に書くと、出力は、50V 1A、16Vまでなら2A、
精度は、1mVくらい出ます。
安物のテスターよりは正確です。

ただ、コネクタが背面にしかなくてネジ止めなので、
実験電源としてはちょっと使いづらい。

というわけで、前面にコネクタを出してきました。
無くてもいいんだけど、一応コネクタのところでセンスしてます。

IMG_8733.jpg

箱はアクリル板で作成。後ろは閉じてない。
ジョンソン端子で4系統分。

IMG_8736.jpg
接続。

IMG_8738.jpg
完成。

ちなみに、この電源は、突入電流が結構激しいみたいで、
電源を入れると部屋のUPSが反応する。
動作音も結構うるさい。

P1020382.jpg
重量の大半はトランス。
出力回路は、上下左右で4系統が別基板。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.icefree.org/mt/mt-tb.cgi/40

コメントする

このブログ記事について

このページは、vvpが2011年12月17日 23:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペルチェ素子の温蔵庫」です。

次のブログ記事は「WindowsServer2016購入」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。